達沢不動滝1

長靴に防寒具を着てカメラ2台に三脚、そしてレンズバックを背負っていざ滝へ!
黄金色に染めた木々の葉や、落ち葉が滝を取り囲むように主役を引き立てている。
見頃は過ぎたが、相変わらず人気で観光客やカメラマンが次々に訪れていた。
(撮影地:福島県猪苗代町 達沢不動滝 10/26)

2014-8627-2.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM f=16 ss=8.0 PL+ND8
[ 2014/10/30] 福島県 | TB(-) | CM(28)

綺麗ですねー  晩秋の滝の感じが凄くいいです
[ 2014/10/30 06:34 ] [ 編集 ]

絵になる滝 ♪~

お早う御座います。
ここは、小生も3年ほど前に行きましたけど、
運良く紅葉真っ盛りの時に出会えて、感動したのを覚えています。
今まで行った滝の中でも、Top 3 に入ると思います。
赤みがなくなった黄葉主体の滝も風情がありますね ♪~。
[ 2014/10/30 06:40 ] [ 編集 ]

晩秋に溶けこむ、

    ララさん お早うございます、
 晩秋の自然を誇らしく木々の黄葉を額縁に達沢不動滝の優美な姿 褒め言葉に窮す美しさ。 
[ 2014/10/30 07:11 ] [ 編集 ]

まあ、美しい景色を美しく撮り上げるためには、それなりの苦労は当たり前なんでしょうね。相当に重くかさばりそうです。
そんなおもいをしても、行った先でこんな風に会心の写真が撮れれば、苦労も忘れちゃいますよね。
滝の存在感が半端じゃありませんね。それをうまく表現した構図なんだなと思いました。
[ 2014/10/30 07:18 ] [ 編集 ]

おはようございます。
何時も訪問・コメントありがとうございます。
これは素晴らしい描写ですね。
構図が安定しているので安心して見られますね。
飾っておきたくなる1枚ですね。
[ 2014/10/30 09:15 ] [ 編集 ]

こんにちは。

同じような恰好で訪れました。(カメラ2台、三脚、長靴履き、カメラバック)
長靴を履いている人は少なかったので、混み合っていない対岸まで渡って撮ることができました。
この角度からの撮影には長靴必需ですね。
被ってしまうかも知れませんが、明日に予約投稿してある写真はこの角度からの投稿になります。
(すみません)
縦構図も良かったですね。(私は横です)
[ 2014/10/30 09:29 ] [ 編集 ]

苔生した岩の上に積もる落ち葉。
流れ落ちる滝。
晩秋ですね。
流れの中に入っての撮影、さぞ冷たかったでしょうね。
式のある日本の美しさを、一番堪能できるのが秋かもしれませんね。
[ 2014/10/30 10:50 ] [ 編集 ]

こんにちは。
重装備での撮影、ご苦労様でした。
やはり、ここまでの風景を撮るには、それなりの準備が必要と、よくわかりました。
黄葉の中に流れる滝。
美しいです。
黄葉と滝の流れの色合いの対比が、素晴らしいです。
奥行き感も素敵です。
[ 2014/10/30 15:00 ] [ 編集 ]

ここは昨年訪問しましたが、すごくいいところですよね。
8秒 ND8だとここまで綺麗になるんですね~。
黄葉は明るく、というとおり、とっても素敵なカラーです。
[ 2014/10/30 18:11 ] [ 編集 ]

こんばんは
これは有名な滝ですよね。
いろいろな方の写真で何度か見た記憶があります。
滝と渓流,そして黄葉,スローシャッターによる見事な表現にびびびっときまくりでした。
[ 2014/10/30 21:05 ] [ 編集 ]

達沢不動滝

ララ様

こんばんは。。。
ん~、重装備ですね。。。やっぱりこんな綺麗な写真を撮るには、それなりのご苦労って、事ですよね。。。
いつも、綺麗な写真、恐れ入ります。
滝の流れる奥は、洞窟っぽくなってますよね?
あの、裏側に入ってみたいですね。。
ララさんの写真を見た瞬間は、、、、いつも決まって、、、、”えっ!!” ”わぁ~っ”、”おぉ~~っ””すご~い”
の言葉しか出てきませんよ。。。
[ 2014/10/30 22:02 ] [ 編集 ]

こんばんは

見事ですね!!!
カメラ二台に三脚、レンズバッグ・・・
重装備だと思いますが、これだけの画が撮れたら
苦労も忘れますよね^^
SS、F値、素晴らしいと思います!
僕の渓流の画、SS長すぎた~~
水ではなく、煙になってしまい、反省しております(^^;
[ 2014/10/30 22:22 ] [ 編集 ]

年に何度か行っていても行った日に一番いい時というのはなかなかありませんからね・・・。
いい時に行きましたね。
[ 2014/10/30 23:14 ] [ 編集 ]

見事ですね~ 同時期にお知り合いもこの滝をupされました
特に手前のほうのスローシャッターいい感じです 

あの~レンズバッグにはレンズ何本入るのですか?
カメラ2台はバッグにいれずバラバラにしてバッテンで
持たれるのかな?
私は なで肩なので困ります(;へ:)
[ 2014/10/31 00:21 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

こんにちは。
山の秋の深まりは早いですよね。
落ち葉の絨毯が晩秋を語っていました。
[ 2014/10/31 04:58 ] [ 編集 ]

ワンちゃんさん

こんにちは。
この滝は綺麗ですよね。
NHKの大河ドラマで放映されてから訪れる人が増えたようですが
最近は一段と増えてこの日も駐車場が満車で空き待ちの状態でした。
昔はパラパラだったのに比べると凄い変わりようです。
みんな自然の魅力に惹かれるんでしょうね。
[ 2014/10/31 05:05 ] [ 編集 ]

umi925さん

こんにちは。
晩秋の輝きと滝の雄大さがマッチして素晴らしい景観でした。
新緑と黄葉の時期には欠かせない撮影ポイントで観光客も
たくさん訪れて秋を満喫していました。
[ 2014/10/31 05:09 ] [ 編集 ]

AzTakさん

こんにちは。
僕の場合このスタイルが滝撮影の基本になっています。
滝との出会いは楽しく重さも苦にならないようです。
この滝は美しく何度行っても感動するのですが特に黄葉の時期は
美しさが倍増します。
[ 2014/10/31 05:16 ] [ 編集 ]

さゆうさん

こんにちは。
構図のお言葉ありがとうございます。
滝の表情が重いので手前にあった岩を入れてバランスをとってみました。
この岩があるとないとの違いに気づいてもらって嬉しいです。
[ 2014/10/31 05:20 ] [ 編集 ]

masaさん

こんにちは。
滝撮影のスタイルはこうですよね。
せっかく行ったのに足りないのがあったり、川からの構図もありだと
思うと重装備なんですよね。
こちらこそ被ってしまってすみません、美しさに惹かれるのは同じですね。
[ 2014/10/31 05:25 ] [ 編集 ]

ヨッピーさん

こんにちは。
手前のいい位置に岩があったのでこれをポイントに入れて奥行き感を出してみました。
落ち葉が晩秋を語ってくれて被写体としてはタイミング良かったようです。
水の冷たさもこの滝の美しさの前では感じませんでした。
[ 2014/10/31 05:42 ] [ 編集 ]

kiyomizu7さん

こんにちは。
滝は好きな被写体なんで悔いがないようにと思うとどうしても
こんな装備になっちゃうんですよ。
この日はカメラマンが30人程いましたが長靴はいて水の中での撮影は数人で
それらの人はいろいろな構図で狙っていて意気込みが刺激になりました。
[ 2014/10/31 05:48 ] [ 編集 ]

yoshi2479さん

こんにちは。
裏磐梯に行ったらどうしても外せないポイントですよね。
僕も年何回も行くんですが最近訪れる人が特に増えたように感じます。
この日も30人程の人がいました、Pも満車で人気の高さがうかがわれます。
滝の流れを表現させるにはフラットだと白飛びするのでPLとNDは必須ですよね。
[ 2014/10/31 05:55 ] [ 編集 ]

MJKさん

こんにちは。
昔NHKの大河ドラマで放映されてから観光客が増えたようです。
滝の美しさからカメラマンにも人気の被写体で写真雑誌に多く掲載されています。
今回は流れも入れるため縦構図に撮ってみました。
[ 2014/10/31 06:01 ] [ 編集 ]

taneさん

こんにちは。
滝の奥は岩なんで入ることができないんですがここの岩が
黒光りしているのでこんな風に見えるんだと思います。
感激の言葉ありがとうございます、この感激が励みになって
いろいろな挑戦につながっています。
[ 2014/10/31 06:07 ] [ 編集 ]

土佐けんさん

こんにちは。
ここはPから意外と近いのですが一般的に滝の場所は坂を上り下りしてたどり着くことが
多いので忘れ物があると戻るのが大変なんで色々準備するとどうしても
重装備になっちゃうんですよ。
F値やSSは色々試行錯誤で撮るんですがPCで見るとゴミの山でこの日は
この滝で200枚程撮ったんですがPCに残っているのは数枚です。
[ 2014/10/31 06:14 ] [ 編集 ]

horikoshiさん

こんにちは。
いろいろ情報ありがとうございました。
そうなんですよね、何度行っても表情が違うからまた行きたくなるんですよね。
今回は落ち葉の絨毯が晩秋を語ってタイミング良かったようです。
[ 2014/10/31 06:18 ] [ 編集 ]

モズライトさん

こんにちは。
人気の滝なんで色々な人が撮っていますよね。
今回はこの手前の岩を入れて奥行き感を出してみました。
カメラは1台持ってもう1台はバックの中に入れて行って撮るときに出しています。
バックの中には仕切りを変えることにより何本でも入るのですが
今回は超望遠2本に魚眼、超広角、標準2本のレンズを入れていました。
かなり思いですよね、これだけ入ると。
[ 2014/10/31 06:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する