信州紅葉紀行 2

滝と黄葉した渓谷美の風景は、見ているだけで心がなごむ。
自然が創る美しさに感動しながら撮影を楽しんだ。

20131022-IMG_7393.jpg


20131022-IMG_7470.jpg
撮影地:長野県高山村 雷滝
[ 2013/10/25] 長野県 | TB(-) | CM(16)

麗しい~、

  こんばんは
姿が麗しいです、随分変化に富んだ・・・、不動でない そんな気がします、が またまた ララさんマジツクでしょうか?。
[ 2013/10/25 20:20 ] [ 編集 ]

こんにちは

うーん!!なにを撮らせても一味違いますねえ

どこが違うのかよくわかりませんが、私の写真と比べると、月とすっぽんです・・むろんララさんが月ですけど”笑”
[ 2013/10/25 20:36 ] [ 編集 ]

おはようございます。
秋も見事な滝ですね。
画面から見ていても見飽きません。
間近で見れば、ずっと撮っていそうです^^
[ 2013/10/26 08:15 ] [ 編集 ]

マイナスイオン大発生の素晴らしい環境だとは思いますが、足場が悪そうだし、大切なカメラやレンズが濡れそうで、…。そういう言い訳をしているようでは良い写真は撮れないのかもしれませんね。
本当に勿体ないほど豊かな水量ですねえ。じっくり貯めて少しずつ出しているのでしょうが、それでも集まるとものすごいものですねえ。森の豊かさに驚かされます。
[ 2013/10/26 09:07 ] [ 編集 ]

umi925さん

頭上の岩をフレームに見立てて入れてみました。
上の岩と下の岩の間に滝と紅葉を配置しちょっと変わった構図をとってみました。
マジックとまではいかないですよ。。。
[ 2013/10/26 11:24 ] [ 編集 ]

dさん

こんにちは。
そんなことないですよ、頭上からしずくがポタポタと落ちてくるので
濡れながらの撮影でした。
だからこんな時は早めに退散と思いあまり考えていないんですよ。
[ 2013/10/26 11:28 ] [ 編集 ]

リズムさん

こんにちは。
そうなんですよ、この滝は変化に飛んでいるので撮っていても飽きないですが
近いせいもあってかなり濡れます。
長靴にフード付きのジャンパーを着て水対策をしての撮影でした。
[ 2013/10/26 11:32 ] [ 編集 ]

AzTakさん

こんにちは。
頭上の岩からしずくがそこらじゅうにポタポタ、滝の飛沫が正面からビュンビュン。
こんな状態ですから長靴にフード付きのジャンパーを着てカメラはタオルで囲って。
撮影は結構大変なんですが階段の遊歩道が完備されているんで足場はいいんですよ。
それにしても凄い水量でした。
[ 2013/10/26 11:39 ] [ 編集 ]

おはようございます

同じ滝でも構図を変えると随分雰囲気が変わりますね。

昨日の作品とあわせて見ると、雷滝という滝がどんな滝なのか
自分なりに頭のなかにイメージが出来上がりました。

濡れて黒光りする岩の上に落ちた葉っぱが秋を感じさせる
最後の一枚が私が選んだベストショットです。d(゚-^*) ナイス♪
[ 2013/10/26 11:43 ] [ 編集 ]

今晩は

白いベールの様な綺麗な滝と紅葉が
絵画のようでいいですね^^

この様な所に行くのは大変なんでしょうね~
その甲斐がありましたね!
[ 2013/10/26 18:28 ] [ 編集 ]

綺麗!

こんばんは!
滝と紅葉を一緒に見れるのが素敵です。
このアングルを見つけるのも楽しみの一つかなぁと思って見せて頂きました。
[ 2013/10/26 20:41 ] [ 編集 ]

とほほさん

こんばんは。
この滝は滝の裏から正面まで半周できるんですよ。
どこからも画になるんで何枚も撮りましたが最後の写真は僕も気に入っています。
脇の川を入れるため魚眼レンズで撮りました。
[ 2013/10/26 21:31 ] [ 編集 ]

x都人xさん

こんばんは。
黄色の黄葉もいいですよね。
ここはPから5分ほど遊歩道の階段を下ると到着で楽チンなんですよ。
観光客もいっぱいいました。
[ 2013/10/26 21:52 ] [ 編集 ]

ノンビリサンsachikoさん

こんばんは。
何とか黄葉と滝を入れたくて魚眼レンズで撮っています。
滝の周りをうろうろするのはイメージが広がって大好きなんですよ。
[ 2013/10/26 21:55 ] [ 編集 ]

こんにちは
水量が多くて素晴らしい滝ですね
滝のカーテンも今では寒いかもですね
教室でスローシャッターと早いシャッターの宿題が出
此の写真を借りたい見たい!!!
[ 2013/10/30 16:50 ] [ 編集 ]

シロさん

こんばんは。
滝の撮り方でSSを長くすると絹のような写真が撮れます。
手持ちだとブレるので三脚は必須です。
SSを早くすると飛沫が止まって力強い写真になります。
頑張って撮ってください。
[ 2013/10/30 20:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する