風格

雨上がりのシットリ感を狙って、観光客がいない早朝に出かけてみました。
雨に濡れて黒々とした木々は重層感があり風格を感じる。
これで青空があれば最高なんだが、なかなかそんなうまい具合にはならない。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1591.jpg
CanonEOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM

彩を楽しむ

目玉が飛び出したような魚眼レンズは、広範囲を閉じ込めるように写せるから、
こういう被写体には欠かせないレンズだ。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1482.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF8-15mmF4L USM

朝景色

紅葉の写真が続いているのでストックから一枚。
これから寒さが厳しくなりますが、冷え込んだ早朝はシャッターチャンスでもあります。
(撮影地:新潟市北区 福島潟 2011.11)

2015-4634.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF70-200mmF2.8L IS USM

カラフルな彩り

色づいた木々の紅葉も良く見ると、いろいろな色が混ざっている。
今頃はもう散っているだろうが、最後の輝いている姿を納めてみました。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1526.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF70-200mmF2.8L IS USM

落ち葉

足元には、絨毯のように敷き詰めた落ち葉がいい味を出していた。
秋をふんだんに満喫したひとときだった。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1477.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM

落葉の美

紅葉も終盤に入ると、落ち葉がいい被写体になる。
水面で最後の美しさを見せてくれた。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1514.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF8-15mmF4L USM

雨上がり

朝方まで降っていた雨が上がり、木々の葉がシットリとして美しさを増していた。
気候の変わり目はシャッターチャンスでもあるようだ。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1604.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM

晩秋

紅葉と竹の緑の組み合わせは、良く似合うと思う。
地面すれすれのローアングルからの構図で、落ち葉も入れ晩秋を表現してみました。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1574.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF8-15mmF4L USM

秋の星

真っ赤に色づいたモミジが、空一面に散らばっている。
まるで満天の星のように。
(撮影地:長岡市越路町 もみじ園)

20151109-A03B1554.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF8-15mmF4L USM

ボケ

50mmF1.2のレンズは、ボケを撮るには格好のレンズだ。
被写体に近づいて開放近くで撮ると、被写界深度は極端に浅いが
肉眼では味わえない世界を納めることができる。
(撮影地:新潟市秋葉区金津 中野邸美術館)

20151105-A03B1376.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF50mmF1.2L USM f=2.2 ss=1/200 ISO=800

該当の記事は見つかりませんでした。