志賀高原5

撮影が終わって志賀高原を下っていると、突如視界が開けて
遠くに北アルプスの峰々が勇姿を誇るかのように輝いてた。
熱いコーヒーを飲みながら、しばし至福のひとときを楽しんだ。

2015-9728.jpg
[ 2015/01/30] 長野県 | TB(-) | CM(28)

志賀高原4

樹氷は朝日が当たってくると一気に溶け出すので、
その前に撮る木と構図を決めて陽が昇るのを待ちます。
ちょうど電車を撮るときのような、ドキドキ感とワクワク感に似ていますね。
そして、日が差してきたら慌ただしく移動しながら撮りまくりです。
このスリルがたまらなく、寒さも忘れてしまいます。

2015-1891.jpg
[ 2015/01/27] 長野県 | TB(-) | CM(30)

どっしりと

冬景色が続いているので趣を変えてみました。
見慣れた赤レンガの建物も、近くから見上げるとレンガは重層感があります。
(撮影地:横浜みなとみらい 赤レンガ倉庫 1/18)

2015-4454.jpg
FUJIFILM X-T1  XF18-55mmF2,8-4R LMOIS
[ 2015/01/24] 神奈川県 | TB(-) | CM(16)

志賀高原3

白銀の世界は気温マイナス11度。
山の稜線から太陽が昇ってくると、それまで眠っていた樹氷が一斉に輝き、
その姿はまるで純白のドレスをまとっているように美しい。

2015-1833.jpg
Canon EOS-7D  EF70-200mmF2.8L IS USM f=11 ss=1/800
[ 2015/01/21] 長野県 | TB(-) | CM(20)

志賀高原2

見上げるようにカメラを構えて、空との一体感を表現してみました。
志賀高原は四季を通して画になる風景が至るところにあります。

2015-9628.jpg
[ 2015/01/18] 長野県 | TB(-) | CM(22)

志賀高原1

久しぶりに見る朝焼けだ、それも豪快に空を染めていた。
今年も早朝撮影は癖になりそうだ。

2015-9537.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM f=10 ss=1/4 ISO=200
[ 2015/01/15] 長野県 | TB(-) | CM(26)

LIVE

撮影地の天候などの状況を知る手段として、ライブカメラを利用している。
例えば、志賀高原の蓮池周辺は 蓮池のライブカメラ ←クリックで現在の様子が見れます。
そして、日光の戦場ヶ原は 戦場ヶ原のライブカメラ ←クリックで現在の様子が見れます。
居ながらにして現地の状況が確認できるので非常に便利です。
(撮影地:新潟市福島潟)

2015-9498.jpg
[ 2015/01/12] 新潟市 | TB(-) | CM(22)

氷の道

どうしたらこんな模様ができるんだろう?
自然は偉大な芸術家だと思う。
薄氷が張った池に、円を描くように氷の道ができていた。
(撮影地:新潟市福島潟)

2015-0743-2.jpg
[ 2015/01/09] 新潟市 | TB(-) | CM(26)

冬のアート

冷え込んだ早朝のハス池に、氷と光の芸術が広がっている。
そしてそこには、折れ曲がったハスのシルエットが不思議な模様を描いていた。
(撮影地:新潟市福島潟 遊潟広場)

2015-0742.jpg
[ 2015/01/06] 新潟市 | TB(-) | CM(20)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年も「ララの風景写真」をよろしくお願いします。
(新潟市福島潟の朝焼け)

2015-0676-4.jpg
Canon EOS-7D  EF70-200mmF2.8L IS USM f=13 ss=0.3 ISO=200
[ 2015/01/03] 新潟市 | TB(-) | CM(36)