まだ見頃

紅葉もそろそろ終わろうとしているが、遠くから見る色彩のコントラストが美しい。
豪雪地帯の冬は早いがもう少し紅葉が楽しめるようだ。
(撮影地:十日町市松之山町)

20131124-A03B1138.jpg
[ 2013/11/29] 十日町市 | TB(-) | CM(18)

朝もやを照らす

今の時期は早朝の冷え込みが厳しく、棚田からモヤが湧いている。
里山は自然の宝庫で、昔見たような原風景に触れることができ、
こんな風景は懐かしいなあ・・・と子供の頃を思い出させてくれる。
(撮影地:十日町市松代町)

20131124-A03B1163.jpg
[ 2013/11/27] 十日町市 | TB(-) | CM(20)

里山の朝

朝もやに、朝の柔らかい陽が当たると一瞬オレンジ色に輝く。
はるか彼方に現れたモヤを超望遠で狙った。
(撮影地:十日町市松代町 星峠)

20131124-A03B1092-2.jpg
Canon EOS-1D Mark4 EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 焦点距離400mm f=18 SS=1/8
[ 2013/11/25] 十日町市 | TB(-) | CM(24)

晩秋の夕暮れ

紅葉を見せてくれた木も葉を落とし、裸になった木の枝が
寂しそうに季節の変わりを告げている。

A03B8852-2.jpg
[ 2013/11/24] 十日町市 | TB(-) | CM(12)

静寂なとき

つい先程まで一望できた紅葉の木々が、あっという間に
音もなく忍び寄ってくる霧に包み込まれてしまう。
この黄葉した木ももうすぐ姿を消すと、山の中はまた静寂な時間に戻るのだろう。
そんな自然の移り変わりを独り占めしながら、贅沢なひとときを過ごした。

20131023-IMG_7587.jpg
[ 2013/11/22] 長野県 | TB(-) | CM(10)

燃ゆる秋色

ドウダンツツジが燃えるような真っ赤に紅葉した。
露出補正をマイナスにすると、陰の部分がアンダーになり赤が一段と強調される。

20131116-A03B0781.jpg
[ 2013/11/21] 長岡市 | TB(-) | CM(15)

朝はルンルン気分

早朝の柔らかい光が差すと、紅葉が一段と綺麗に見える。
もみじも気持ちがいいのか、小さな手を思いっきり広げて朝の光を浴びている。

20131114-A03B0731-2.jpg
[ 2013/11/19] 長岡市 | TB(-) | CM(27)

色の変化

今が見頃のモミジ、まだ緑でこれから色づくモミジ、そしてもう落葉したもの。
だから紅葉は楽しめる期間が意外と長い。
そんな紅葉の移り変わりを凝縮してみました。

20131111-A03B0496-2.jpg
撮影地:長岡市越路町 もみじ園
[ 2013/11/18] 長岡市 | TB(-) | CM(10)

落ち葉

紅葉の風景は色とりどりの木々の葉に目を奪われがちだが、
足下に目を向ければ、傷んだ落ち葉も朝の光を受けて最後の美しさを演出している。

20131116-A03B0837.jpg
Canon EOS-1D MarkⅣ  EF50mmF1.2L USM f=1.8 ss=1/3,200 ISO=500


20131116-A03B0854-2.jpg
Canon EOS-1D MarkⅣ  EF50mmF1.2L USM f=1.6 ss=1/5,000 ISO=500
[ 2013/11/16] 長岡市 | TB(-) | CM(21)

晩秋の華

真っ赤に咲き誇るもみじは、見事と言うほかない。
園内には数多くのもみじが、最後の気力を振り絞って
訪れる人に晩秋を楽しませていた。

20131111-A03B0553.jpg
撮影地:長岡市越路町 もみじ園
[ 2013/11/15] 長岡市 | TB(-) | CM(14)

雨に打たれて美しく

小雨がぱらつく状況の中、紅葉の撮影には好都合と思い早朝出かけた。
今秋ここは3回目の訪問だが、ようやく全体が色づいて目を楽しませてくれた。
予想通り濡れてしっとりしたモミジの色と、木の黒い幹のコントラストがよく似合う。
撮影地:長岡市越路町 もみじ園

20131111-A03B0597-2.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF70-200mm F2.8L IS USM f=2.8 ss=1/13 ISO=200 PL
[ 2013/11/13] 長岡市 | TB(-) | CM(22)

雫の行列

濡れた薔薇の葉をマクロレンズで覗いたら、ナント無数の雫が所狭しと並んでいる。
冷え込んだ早朝にだけ見られる自然の素晴らしさに感激!

20131102-A03B0211.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF100mm F2.8L IS USM
[ 2013/11/11] 長岡市 | TB(-) | CM(22)

信州紅葉紀行 10

笠岳にある山田牧場は、標高2,076mに位置している。
そこからの風景は、四方八方が紅葉に彩られたパノラマの世界が広がっている。

20131022-A03B9390.jpg


20131022-A03B9376-2.jpg
撮影地:長野県高山村 山田牧場
[ 2013/11/10] 長野県 | TB(-) | CM(24)

信州紅葉紀行 9

山の天気は変わりやすいというが、先程まで陽が射していたと思ったら
あっという間にモヤがかかってきた。
こんな天候も山のプレゼントで、森の雰囲気を満喫した。

20131023-IMG_7675.jpg
撮影地:長野県佐久穂町 八千穂高原
[ 2013/11/08] 長野県 | TB(-) | CM(17)

信州紅葉紀行 8

足下に紅葉しているモミジの葉を見つけた。
そしたら、その葉がカメラを見つけて「ねえ、撮って!撮って!」とレンズに近づいてきた。
「シャワーして、こんなに綺麗にお化粧したのに誰も見てくれないんだよ」
雨上がりの森が首を長くして、僕が来るのを待っていたようだ。

20131023-A03B9621.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF8-15mm F4L FISHEYE USM f=13 SS=1/11 ISO=800


20131023-A03B9652.jpg
Canon EOS-1D Mark4  EF50mm F1.2L USM f=2.2 SS=1/160 ISO=800
(撮影地:長野県佐久穂町 八千穂高原)
[ 2013/11/07] 長野県 | TB(-) | CM(24)

信州紅葉紀行 7

森へのいざない・・・
道路の端に車を止めて、写真を撮りながら森の中に入ってみた。
森の中は誰もいないし、標高が高いせいか鳥のさえずりも聞こえない。
まさに無音の世界で、聞こえるのは落ち葉を踏みしめる足音だけ。
そこは時間が止まっているような錯覚に陥り、時折射し込む陽の光が唯一の友達だ。
森は自然の宝庫で、1時間ほど木々との対話を楽しんだ。

20131027-A03B9909.jpg


20131027-A03B9793.jpg


20131027-A03B9865.jpg
撮影地:長野県佐久穂町 八千穂高原
[ 2013/11/05] 長野県 | TB(-) | CM(20)

宝石箱

宝石箱を開けると、色とりどりの宝石が眩しいほどの輝きを放っている。
朝露が見せる早朝限定版。

20131102-A03B0178.jpg
[ 2013/11/03] 長岡市 | TB(-) | CM(22)

信州紅葉紀行 6

山の奥深くに真っ赤な橋があり、紅葉の色とマッチしている。
朝日が昇ってしばらくすると、真っ赤な橋と紅葉に
スポットライトが当たりショータイムが始まった。

20131022-A03B9204.jpg
撮影地:長野県高山村 高井橋
[ 2013/11/01] 長野県 | TB(-) | CM(16)