Welcome to my blog

ララの風景写真

archive: 2013年02月  1/2

冬の貴婦人

グリスマスローズは冬の貴婦人とも呼ばれるそうだが、なるほど花びらが幾重にも重なって優しそうな雰囲気が伝わってくる。マクロレンズで近づき、背景をボカして主役を引き立つように撮ってみました。(撮影地:長岡市越後丘陵公園内展示室)Canon EOS-1D Mark4 EF100mmF2.8L Macro IS USM f=3.2 ss=1/125 ISO=800...

  •  14
  •  closed

志賀高原冬景色5

抜けるような青空が、樹氷を一段と美しく引き立てている。今まで風景写真は紅葉シーズンが終わったら春まで被写体がないと思っていたが、こんな綺麗な樹氷が見られるなんて・・・冬は樹氷撮影が恒例になりそうだ。...

  •  18
  •  closed

志賀高原冬景色4

歩いてみるといろいろな被写体の発見がある。折り重なる枝のわずかな隙間から、恥ずかしそうに陽が射している。いくらゆっくり走っていても、車だったら気付かなかった一瞬の輝きに歩くから撮れる写真を再認識した。...

  •  14
  •  closed

志賀高原冬景色3

春は新緑、秋は紅葉、そして冬は樹氷と志賀高原の山頂は風景写真の宝庫だ。この日はスキー客で賑わって、樹氷を撮っているカメラマンは誰もいない。志賀高原のこの景色が独り占めだから、アイスバーンの道を苦労して登ってきた甲斐があった。Canon EOS-1D Mark4 EF24-105mmF4L IS USM f=10 ss=1/250 ISO=200...

  •  22
  •  closed

志賀高原冬景色2

まっすぐ伸びた唐松の枝にビシに付いた樹氷はとにかく綺麗だ。青空を背景に、真っ白な樹氷はそのコントラストがよく調和している。自然の造形美に光が当たり、それはまるで芸術作品のような美しさを放っていた。Canon EOS-7D EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM...

  •  8
  •  closed

志賀高原冬景色1

樹氷を撮りたくて今月に入ってからタイミングを狙っていた。長野市の天気予報は晴れのち曇りとのことなので、これを待っていたとばかりに早朝志賀高原に直行した。山頂付近の天候は快晴、気温は-12度、そして風速は0mと撮影には最高の条件。陽が当たって風がないから寒さは全く感じない。そこには予想を超えた見事な樹氷が出迎えてくれた。Canon EOS-7D EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM f=10 ss=1/1,250 ISO=400 焦点距離250mm PL...

  •  22
  •  closed

水鏡

朝陽の強い光が建物を照らし、その光景が湖面にくっきりと映し出されている。朝のピンと張りつめた空気だからこそ、湖面を綺麗に見せるのだろうか。久しぶりに清々しい朝を実感した。(撮影地:新潟市北区福島潟)(Canon EOS-1D Mark4 EF24-105mmF4L IS USM f=14 ss=1/25 PL 三脚)...

  •  17
  •  closed

は〜るよ こい

よし!明日は撮りに行くぞ、と意気込んで朝カーテンを開けて外を見ると雪が降っている。春はまだまだのようである・・・これは昨年の春先に撮った写真だが、新芽が吹き出す穏やかな春が待ち遠しい。...

  •  20
  •  closed

暖色に魅せられて

いつも自然を相手に山や川を撮っているから、久しぶりの都心の夜景は別世界に紛れ込んだようで、見るもの全てが新鮮に感じる。夜景なのに無謀にも手持ち撮影で、しかもシャッタースピード1/4で撮ったがこの辺が限界だ。(撮影地:東京有楽町マロニエゲート)...

  •  16
  •  closed

冬を走る

新潟県内屈指の豪雪地である魚沼市大白川は、まだ3mの雪に覆われている。この川沿いを走るJR只見線は、新緑や紅葉の時期になると撮り鉄ファンで賑わう人気の路線だ。...

  •  12
  •  closed