Welcome to my blog

ララの風景写真

archive: 2012年12月  1/2

Thank You

残すところあとわずかとなり、今年最後の投稿となります。一年間たくさんの方にご覧いただいたり、コメントをお寄せいただき心からお礼申し上げます。来年もカメラでハッピーライフを楽しみたいと思います。皆さん良いお年をお迎えください。(撮影地:新潟市北区福島潟)...

  •  36
  •  closed

春でもないのに

春はまだ遠いのにまるで季節を間違えたのか、雪の間をかき分けるように一本の草が伸びていた。春先の雪解けの頃になると良く見られる光景だが、冬はこれからが本番。冬景色の撮影には多少の雪はありがたいが、生活に支障のない程度であってほしい。...

  •  8
  •  closed

見つめないで

白銀の世界に、真っ赤な南天の実はひときわ目立ちます。それが恥ずかしいのか、積もった雪で身を隠している姿は何ともしおらしい。50mmレンズの開放1.2で撮ったが、ボケがかなり強力でうるさい背景を消してくれた。Canon EF50mmF1.2L USM f=1.2 ss=1/3,200...

  •  20
  •  closed

晩秋を惜しむ

初冬の福島潟はモノトーンの世界だが、朝焼けの中に真っ赤な柿が秋を惜しむかのように頑張っていた。そして、この柿は食べ物が少ない鳥達には冬の貴重な食料だ。(撮影地:新潟市北区福島潟)...

  •  14
  •  closed

自然の目覚め

出かけなければ見られないこの光景、出かけるからこそ味わえる自然の風景美。そしてその出会いは一期一会だから、何度も同じ場所を訪れシャッターを押す。陽が昇るこの時間帯が一番冷え込み、カメラに霜が降りるが楽しい時間帯でもある。Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM...

  •  16
  •  closed

朝を楽しむ

久しぶりに福島潟で朝焼けを撮影したが、この日は珍しくカメラマンは誰もいない。いつもの水辺のところで撮る予定だったが、歩いている途中この立ち木に目が止まり予定変更だ。そして周りが少し見え始めたころ、朝のゴールデンショーが始まった。オレンジ色の空に枝がシルエットとなって、イメージどおりの写真がゲットできた。(撮影地:新潟市北区福島潟)...

  •  20
  •  closed

晩秋発見

朝の柔らかい日射しが、うっすら積もった雪の表面を赤く照らしていた。そして、そこには晩秋を思わせる一枚の葉っぱが、秋を惜しむかのように横たわっていた。(Canon EF100mmF2.8L Macro IS USM f=3.5 ss=1/1,250 ISO=800)...

  •  24
  •  closed

早朝の色彩

夜明け前から三脚にカメラをセットして日の出を待つが、厚い雲に覆われ今日もダメかと諦めかけていると、しだいに雲が薄くなり色付いてきた。自然が大空というキャンパスに描く光景は凄いとしばし佇んだ。(撮影地:長岡市)...

  •  10
  •  closed

二つの顔

会津の磐梯山は、見る方向によってその表情が違う。荒々しい姿を見せる裏磐梯(写真上 6:00)と、なだらかな高原が広がる表磐梯(写真下 8:50)は同じ山なのに別々の顔を持つ対照的な山だ。朝日を受けて山肌が赤く輝く様子は、その荒々しさを強調しているようで神秘的にも思える。(撮影地:福島県磐梯山)...

  •  22
  •  closed

Skype

またも、昨日大きな地震が発生しましたがいつまで続くんでしょうね。ところで「Skype」という無料アプリをご存知ですか?携帯やパソコン、iPadなどでお互いが「Skype」をインストールし登録されていれば、何時間でも無料でインターネットでテレビ電話ができる優れものです。昨日の地震でも携帯電話は通信規制がかかり繋がらない状態がありましたが、「Skype」はインターネットなのでこんな問題は発生しません。ただし、今回の地震...

  •  16
  •  closed