東北秋紀行2

旅行先で快晴に恵まれると、旅がいっそう楽しくなる。
夜が明けると同時に、十和田湖周辺の山々にモヤがかかってきた。
雲が少しあれば最高だが、旅先でそんな贅沢は言っていられない。
青空を見ながら、今日も楽しい旅が期待できそうだ。
(撮影地:十和田湖)

20121027-A03B7464.jpg


20121027-A03B7395.jpg
[ 2012/10/31] 青森県 | TB(-) | CM(14)

東北秋紀行1

十和田湖子の口から定期バスに乗り、奥入瀬川石ヶ戸停留所で降車。
そこから徒歩で戻りながら奥入瀬渓流の紅葉を楽しんだ。
例年だと今が紅葉の見頃だが、今年は一週間程遅れているそうだ。
それでも色付いた葉が陽に当たり、黄金の世界に迷い込んだように美くしかった。
(撮影地:十和田湖奥入瀬渓流)

20121026-A03B7244-3.jpg


20121026-A03B7258-2.jpg


20121026-A03B7294.jpg
[ 2012/10/30] 青森県 | TB(-) | CM(26)

長谷寺

藤沢から鎌倉まで、青春時代憧れの「江ノ電」に乗車。
江ノ島を見ながら長谷駅に途中下車し、紫陽花で有名な長谷寺に・・・
小中学生の修学旅行の定番といえば鎌倉や江ノ島、その流れで長谷寺にも
学生がたくさんいて大賑わいでした。
山間部を中心に紅葉が始まってきましたが、まだまだ残っている
緑の眩しさを広角レンズで撮ってみました。

20121016-IMG_1542.jpg
(Canon EOS-7D EF24-105mm f=8 ss=1/13 ISO=200)


20121016-IMG_1550-2.jpg
(Canon EOS-7D EF10-22mm F3.5-4.5 USM f=8 ss=1/80 ISO=640)


20121016-IMG_1557.jpg
(Canon EOS-7D EF10-22mm F3.5-4.5 USM f=8 ss=1/125 ISO=640)
[ 2012/10/24] 神奈川県 | TB(-) | CM(26)

みなとみらい21

横浜に一週間ほど行っていたので、久しぶりの更新です。
横浜みなとみらい21は、やっぱり夜景が似合う。
ちょっと早めに行ってポイントを探していたら、ランドマークが
海の中にたたずんでいるような光景を見つけたのでまず一枚。
そして、山下公園からは定番の夜景を撮ったがどこにでもある写真となった。

20121019-IMG_1770-2.jpg


20121019-IMG_1826.jpg
[ 2012/10/22] 神奈川県 | TB(-) | CM(22)

志賀高原6

待ちに待った紅葉シーズン突入なんですが、一週間ほど横浜に出かけてきます。
横浜といえば、みなとみらい21の夜景が素敵ですよね。
ヨコハマの街に灯るいろいろな夜景を楽しんできます。
その前に、夜景の撮り方忘れたのでこれから復習です(笑)

20121007-IMG_1446-2.jpg
[ 2012/10/14] 長野県 | TB(-) | CM(32)

志賀高原5

渋峠、山田峠を撮影したあと木戸池に急いだ。
池周辺の黄葉した木々は、朝陽を受けて浮かび上がるように輝いている。
そして、朝の冷え込みで湖面から朝もやが沸き上がっている幻想的な光景を堪能した。

2012-7175-2.jpg
(Canon EOS-1D Mark4 EF24-105mmF4L IS USM f=18 ss=1/13)
[ 2012/10/13] 長野県 | TB(-) | CM(24)

志賀高原4

雨上がりの紅葉は色がはっきりしていて一段と綺麗だ。
丸池周辺を散策していたら真っ赤に紅葉している葉っぱを見つけた。
近づいたら赤、オレンジ、黄色、紫など様々な色が重なり合って見事だ。
今年の紅葉は期待できそうですよ(^0^)

2012-7017-2.jpg
(Canon EOS-1D Mark4 EF100mmF2.8L Macro IS USM f=2.8 ss=1/20)
[ 2012/10/12] 長野県 | TB(-) | CM(14)

志賀高原3

渋峠から山田峠に向かう途中、遠くに見える西の山が赤く輝いているので、
急遽車を止めて大急ぎでカメラをセットした。
赤富士のように山並みが赤く染り、裾野にはもやがかかり更にその下には雲海も見えた。
山並みが赤く染まった、わずかな時間を捉えた貴重な瞬間だった。
山田峠に急ぐ人が大勢いいたが、この光景を撮ったカメラマンは近くにいた
数人程度だと思う。

2012-1477-2.jpg
[ 2012/10/11] 長野県 | TB(-) | CM(18)

志賀高原2

太陽が顔を出したので、渋峠での撮影は早々に終了だ。
大勢のカメラマンはまだシャッターを押し続けているが、
お先に失礼して少し先の山田峠に向かった。
朝日が照らす光景は、刻一刻表情を変えるからモタモタしていられない。
朝の柔らかい光が山の斜面を照らし、真っ赤に紅葉したナナカマドが美しい。
山頂は今、紅葉が最高に綺麗だ。
(撮影地:志賀高原山田峠)

2012-7039-3.jpg
[ 2012/10/09] 長野県 | TB(-) | CM(18)

志賀高原1

連休なので混むだろうとは予想していたが凄かった。
まだ夜も明けない4時頃に志賀高原の渋峠に到着したが、
すでに駐車場は満車で、その前後150m位いの路肩に車が並んでいる。
満天の星を見ながら少し仮眠して外に出たら、何と100人程のカメラマンが
朝日を撮ろうともう列をなしているではないか。
えっ!こんなにいるの?朝日の撮影でこんな光景は初めて見た。
2台の三脚を立てるつもりだったが、1台分のスペースすらなく困っていると
親切なおじさんが詰めてくれてようやく1台分確保できた。
しかし寒い、山頂の夜明けは冷え込み車の中で見たら気温は−1度だ。
昨年の冬から車に入れていた上下の雨合羽に長靴、そして毛糸の帽子と手袋。
真冬並みの格好で朝日を待ったが、苦労した割には平凡な朝焼けだった。

2012-1473-2.jpg


2012-7031-4.jpg
[ 2012/10/08] 長野県 | TB(-) | CM(20)