旬を撮る

Category: 新潟市  

連日の猛暑に出かけるにも勇気がいる。
でも蓮の撮影は今が旬なので、比較的涼しい早朝に出発しました。
しだいに暑くなってきた、汗は吹き出してくるし、カメラも暑くて触れない状態だ。
蓮を撮り始めて1時間、もうダメ!今日はここまで・・・

20120731A03B4221.jpg
(Canon EOS-1D Mark4  EF50mmF1.2L USM f=1.2 ss=1/8,000 ISO=320)


201207319949.jpg
(Canon EOS-7D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM f=4.5 ss=1/400 ISO=200)

 2012_07_31



海中花火第2弾は、色彩にこだわった写真を並べてみました。
夏の夜空に色とりどりの花火が舞う光景は、まるでキャンパスに描いた画のようでした。
最後の写真は、沖に停泊中の船団の明かりが水面に映り、幻想的な感じだったので
長時間露光で撮ってみました。

20120729A03B3974.jpg


20120729A03B3965.jpg


20120729A03B3816.jpg


201207299938.jpg

 2012_07_29



越後三大花火の一つ、「柏崎海の大花火大会」が昨日開催された。
ここは初めてだったので、ちょっと早めに行き撮影ポイントを探し歩いた。
海岸沿いの潮風公園に、2台の三脚にカメラを設置して打ち上げ開始を待つ。
日中は心地よい風が吹いていたが、開始と同時にピタリと止まってしまった。
綺麗な花火が煙に隠れたが、自然相手だからどうしようもない。

20120727A03B3858.jpg


20120727A03B3880.jpg


20120727A03B3922.jpg

 2012_07_27


渓流

Category: 福島県  

滝のような豪快な音を立てて水が流れている。
山の中を走っていると、道路沿いにこんな渓谷を良く目にする。
草木の緑を入れて夏らしい一枚を撮ってみました。
(撮影地:会津若松市東山地区)

20120724A03B3221.jpg
(Canon EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM  f=8 ss=1/6 ISO=200)
 2012_07_24



近代的な生活に浸っていると、自然が恋しくなってくるという。
そんな時は、日頃の生活を忘れて森の中に飛び込んでみると、
忘れていた自然の美しさを思い出させてくれる。
今年の夏は子供と一緒に、ウグイスやカッコウの鳴き声を聞きながら
森林浴を楽しんではどうだろうか・・・きっといい思い出ができると思いますよ。

20120722A03B2343.jpg
(Canon EF70-200mmF2.8L IS USM  f=2.8 ss=1/60)
 2012_07_22


成長

Category: 栃木県  

森の中に入ると、そこは自然の宝庫だ。
笹に覆われた中に一本の若木がすくすく育っている。
「陽をいっぱい浴びさせてやるから、元気に成長するんだよ」と太陽がスポットライトをあてていた。
何十年か後にはどんな風に成長しているんだろうか・・・

20120721A03B2319.jpg
(Canon EF70-200mmF2.8L IS USM  f=2.8 ss=1/250 PL)
 2012_07_21



福島県裏磐梯のレンゲ沼は、夕焼けが水面に映り込む夕日の撮影ポイントだが、
一面に浮き草が生い茂ってそんな光景は期待できない。
それでもわずかに空いている場所に、帯状の夕焼けが映っていた。
この浮き草がなくなるのは晩秋の時期だろうか?
(撮影日:2012.7.9)

20120719A03B3376.jpg
(Canon EF24-105mmF4L IS USM  f=16 ss=0.5 ISO=200)


20120719A03B3336.jpg
(Canon EF24-105mmF4L IS USM  f=16 ss=1/5 ISO=200)

 2012_07_19



滝は道路沿いから見えるというところはそんなにない。
ほとんどが幹線道路からそれて山の中にどんどん入っていく。
民家もなくしだいに道が細くなり、ナビを拡大しても満足な道路は標示されない。
携帯電話も圏外だし、こんなところで事故や故障でもしたらと思うと心細い。
車を停めてからは滝を目指して森の中に入っていく。
熊よけの鈴は鳴らしてはいるが、いつ遭遇しても不思議でない。

この大滝は、会津若松の東山温泉から車で30分ほどの山中にあるがここもそんな場所だ。
●ロープにつかまり木の根っこを階段代わりにして下りると滝が見えてきた。(写真1)
●この滝の水が流れ落ちる場所に行ってみた。陽が射しているので明暗があって露出が難しい。
陰るまでかなり待ったが、根負けして迫力不足の写真になってしまった。(写真2)
●写真2の場所で振り向くとまた滝があり、陽が当たっている岩をからめて撮ってみた。(写真3)

201207179729.jpg
(Canon EF24-105mmF4 IS USM  f=8 ss=1/4 PL+ND8 三脚)


201207179721.jpg
(Canon EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM  f=5.6 ss=1/200 PL+ND8 三脚)


201207179695.jpg
(Canon EF24-105mmF4 IS USM  f=5.6 ss=1/4 PL+ND8 三脚)

 2012_07_17



早朝の柔らかい日射しを受けている菖蒲にカメラを向け話しかけてみました。
「せっかく綺麗に咲いたんだから、美しい姿を残しておこうね」
「きっと、みんなが振り向いてくれるよ。」
(新潟市佐潟)

20120715A03B2876-1.jpg

 2012_07_15


渓谷を撮る

Category: 福島県  

滝の撮影もそうだが、水が流れているように見せるにはシャッタースピードを長くすればよい。
しかし、ただ単にシャッタースピードを長くした場合、光が入りすぎて真っ白な写真になって画にならない。
そんな時は、減光するために「NDフィルター」を取り付けるとバランスの良い写真になる。
それから、シャッタースピードが長いので手持ちだとブレやすい。そこでレリーズと三脚は必要だと思う。
(撮影地:福島県南会津町針生)

20120708IMG_8846.jpg
(Canon EOS-7D  EF70-200mmF2.8L IS USM f=8 ss=4.0 ISO=200 PL+ND8 三脚)


20120713A03B3417.jpg
(Canon EOS-1D Mark4  EF24-105mmF4L IS USM f=8 ss=1.0 ISO=200 PL+ND8 三脚)
 2012_07_13




06  « 2012_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

ララ

Author:ララ
新潟県長岡市

月別の記事

リンク

このブログをリンクに追加する




.