Welcome to my blog

ララの風景写真

archive: 2012年01月  1/2

厚化粧

田んぼの刈り取られた稲の切り株に、雪が積もった姿はまるで厚化粧をしたようだ。雪が積もっていなければ見向きもしないが、こんな光景は雪国ならではだと思う。...

  •  24
  •  closed

イナバウアー

未曾有の大震災から10か月たったが、なかなか復興が進まない。でも人間の力を信じて、必ず立ち直る日が来ると思う。この竹も春になればまた真っ直ぐ伸びるから、それまでが我慢だ。...

  •  18
  •  closed

黄金色

電車が通り過ぎた後、しばらくすると西の空が赤く染まってきた。レールが輝いて、まるで生きているかのようだった。こんな光景に出会えるのも、撮り鉄の楽しみなんだろうと思う。(Canon EOS7D EF70-200mmF2.8L IS USM f=8.0 SS=1/320 EV=-1.7 ISO=800)...

  •  24
  •  closed

快走

JR只見線は日本屈指の豪雪地帯を走る電車だが、この日は天気が良かったから気持ち良さそうに走り抜けて行った。久しぶりに撮り鉄をしたが、一発勝負はやっぱりワクワクドキドキするしこの緊張感がたまらなくいい。(Canon EOS7D EF70-200mm F2.8L IS USM f=8.0 SS=1/80 EV=-0.3 ISO=200)...

  •  18
  •  closed

美麗で奇抜な岩

冬の日本海は荒海というイメージがあるが、この日は穏やかな表情を見せてくれた。ここ「笹川流れ」は、日本海沿い11Kmに渡って奇抜な岩が数多く点在していることで有名だ。(撮影地:新潟県村上市桑川 笹川流れ)岩の形がメガネに見えることから眼鏡岩と名付けられた冬には珍しく、粟島(佐渡の隣にある小さな島)がクッキリと見えた...

  •  22
  •  closed

冬の水辺

冬の撮影は時には寒さとの勝負だ。陽が沈みかけている夕方の気温は-1℃だが、冷たい風が肌を刺すから体感温度はそれ以上に寒く感じる。小舟の中には溜まった水が凍っている。そしてカモ達も寒さに耐えているのかジーとして動かなかった。(撮影地:新潟市西区佐潟)...

  •  16
  •  closed

春探訪4

春探訪の最終回はチューリップ。外は見渡す限り一面銀世界で、春はまだまだのようですが室内に置いていたチューリップが、一足早く春を感じさせてくれました。同じ被写体ですが、色温度や彩度を変えると雰囲気が変わりました。...

  •  20
  •  closed

春探訪3

花の撮影にマクロレンズは欠かせない。今回は、西洋シャクナゲに思いっきり近づいて撮ってみました。(Canon EOS-7D EF100mm F2.8L IS USM)...

  •  32
  •  closed

春探訪2

正月三が日が終わったと思ったら、今度は三連休でお正月気分がなかなか抜けない。と嘆いている方に、目が覚めるような真っ赤なお花はいかがでしょうか。(撮影地:新潟県立植物園)(Canon EOS-1D Mark4  EF100mm F2.8L IS USM f=3.5 SS=1/20 ISO=1000)...

  •  22
  •  closed

春探訪1

冬になると白銀の世界が広がり、毎年この時期は被写体探しに苦労する。そんなときは温室の中が一番、ここでは早くも春の花々が咲き誇っていた。(撮影地:新潟県立植物園)...

  •  22
  •  closed