Welcome to my blog

ララの風景写真

archive: 2011年11月  1/2

fly

前記の福島潟で朝靄を撮った後、しばらくしたら上空に飛行機が見えた。綺麗な飛行機雲を残して、どこへ飛んでいくんだろうか・・・白鳥達も負けじと優雅な姿を誇っていた。(Canon EOS-1D Mark IV  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)...

  •  16
  •  closed

早朝の光景

日曜日早朝の5時半、新潟市北区福島潟には朝焼けを撮ろうと、30人程のカメラマンが列をなしている。東の空がオレンジ色から青みがかってきてそろそろ日の出だ。しかし空は雲ひとつない晴天で、朝焼けは見事に裏切られた。それにしても寒い!スキーウエアーを着て、毛糸の手袋に長靴など真冬並みの格好をしてきたが、底冷えがして足下から寒さがビンビン伝わってくる。朝靄が立ちこめる中でカモが目の前を通り過ぎ、遠くには白鳥...

  •  30
  •  closed

もみじと会話

久しぶりの青空に、夕焼けを撮ろうか紅葉にしようか迷ったが、またもみじ園に行った。被写体を探して歩いていると「お~い、お~い」と誰かが呼んでいる声がする。足下を見ると、一枚のもみじの葉が横になりながらこちらを見つめている。「良く来たな、待ってたぞ」「夕焼けはいつでも撮れるが、わしらはもうすぐ終わりだからな」カメラを向けると「待て待て焦るでない、どうせ写すなら光が当たって輝いているときに撮るもんじゃ」...

  •  16
  •  closed

紅葉を楽しむ

紅葉には真っ赤なもみじが良く似合うと思う。今年何回も行ったもみじ園だが、名前のとおり園内はもみじの木が数多く見られる。色付きが早いものから遅いものまで、長い期間紅葉を楽しむことができる。そのもみじを、どのように切り取るかは感性しだいだがそれが難しい・・・そんなことを考えながら見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうが至福のひとときだ。...

  •  16
  •  closed

晩秋の輝き

11月下旬はまさに晩秋、紅葉を楽しませてくれた主役達に太陽がお疲れ様と最後の光を当てていた。(撮影地:新潟市秋葉区 中野邸美術館)(EF24-105mm F4L IS USM  F=11 SS=1/50 EV=-2.0 ISO=200 三脚)...

  •  18
  •  closed

朱に染まる

長岡市のモミジ園は毎年撮影しているが、なかなか見頃に出会わない。そこで、今年はとことん撮ってやろうと思い今日で5回目の挑戦だ。2日前にも行ったが、まだ色付きの遅い葉がある。そろそろ落葉もあり、見頃は終わったのかと半分あきらめながら今日も出かけたが見た瞬間思わずヤッター!ついに一面真っ赤なモミジをゲットした。まさに粘り勝ちである(^-^)...

  •  34
  •  closed

みずみずしい紅葉

青空の下での紅葉の撮影はルンルンで気持ちがいいが、雨の日は水を吸収して、生き生きした表情を見せてくれる。(Canon EOS 50D EF24-105mm F4L USM F=10 SS=1/5 EV=+1.0 ISO=200)(Canon EOS 7D EF50mm F1.2L USM F=1.2 SS=1/800 EV=-0.7 ISO=200)...

  •  18
  •  closed

おいでや~す2

大河内山荘の優雅な庭園は春には桜、そして秋は紅葉が楽しめる。園内を一周するに30~40分かかる広大な庭園で日本の美を堪能した。大原三千院のわらべ地蔵が苔の中から顔を出している。嵐山界隈の観光はえびす屋さんの人力車に乗せてもらった。ピカピカの人力車は乗り心地満点。俥夫のお兄さんは親切で観光案内がお見事。高台寺竹林のライトアップを見学したが京都に竹は良く似合う。...

  •  22
  •  closed

おいでや~す

日本の古都、京都に行ってきました。標高の高いところでは紅葉が始まったが、本格的な見頃はあと一週間後だと思う。「おいでや~す」の声に誘われて、ついついお店に入ってしまう千枚漬けや八つ橋を買って、「お~きに」と言われ京都を実感する。高雄山の神護寺は、もみじの紅葉が見頃を迎えている清水寺の入り口にある仁王門は青空とのコラボが美しい嵯峨野の竹林はヒンヤリしてマイナスイオンたっぷり...

  •  18
  •  closed

秋の色彩

紅葉は全体を撮るのもいいが、モミジは葉の形が可愛いから切り取ってみました。真っ赤になったモミジ、変わりつつあるモミジ、そしてこれからのものもある。みんなそれぞれ個性があって面白い。...

  •  28
  •  closed